カテゴリ:新潟通信( 13 )
新潟通信(再び)
新潟通信の番外編。
よい季節に再び新潟に行かれた時の美しい景色をご紹介。
---以下メール引用---

福島潟の『雁晴れ舎』というバードウォッチングができる場所へ行き、少し散策してきました。
そこには「ヒナを拾わないで!!」の可愛いポスターが貼ってありました。
(幸い落ちてませんでしたけど^^;)
その日は天気も良く、とってもキレイな景色だったので写真をパチリ!
そして『龍ヶ窪』というスポットに立ち寄りました。
こちらは『ひまわり』で有名な津南町にあります。
龍ヶ窪の水は「日本名水百選」の一つで、池の水が一日ですべて入れ替わるほどの湧水が出ているそうです。
そして奥へ進むと神社もありました。
神社の手間でこれまた見事に水面に移った木があったので、水面だけの写真を撮ってみました。
右手前に移るのが池の中の石ですが、他は水面に移ったものです。
やはり田舎は景色が素晴らしいです。大満足の一日でした。

a0142732_2391345.jpg
a0142732_2393954.jpg

[PR]
by usaco-lisa | 2017-06-07 23:12 | 新潟通信 | Comments(0)
新潟通信 vol.12(最終回)
新潟通信。急なお引っ越しのため、突然の最終回です。
珍しい風習やお祭りの様子をたくさん届けていただき、ありがとうございました。
慣れない土地で、雪かきや暴雪で大変な目に合われたそうですが、
馴染んだと思った頃に、また別の土地へ。体調に気をつけて、頑張ってください。
さて、次回はどんな所から情報が届くか、期待しましょう。
---以下メール引用---

新潟からお届けする新潟通信は、今回で最後になります。
なななんと、また転勤です。
新潟で無事に過ごせたことの感謝の意味を込めて、今日は新潟にある弥彦神社に行ってきました。
鳥居をくぐった瞬間に、ヒンヤリと空気が変わって気持ち良かったです。
弥彦神社はパワースポットらしいです。

a0142732_23524353.jpg

[PR]
by usaco-lisa | 2016-05-23 00:08 | 新潟通信 | Comments(0)
新潟通信 vol.11
新潟っぽい雪のたよりをいただきました。
こちらは雪が積もらなかったので、ちょっと羨ましいです。
---以下メール引用---

今日は久々に良い天気でした。
祝日ということもあり、十日町市にある日帰り温泉に行ってきました。
自宅からは車で1時間半ほどですが、十日町市は結構雪深いところです。


金色に輝く米俵と雪だるま
a0142732_21525399.jpg


鎖樋が凍ってしまった様子
a0142732_2152567.jpg


田んぼに降り積もった一面の雪
a0142732_21525888.jpg


[PR]
by usaco-lisa | 2016-02-11 21:57 | 新潟通信 | Comments(0)
新潟通信 vol.10
a0142732_21422087.jpg

新潟より、今回は珍しい大蛇パレードの様子を送っていただきました。
ながーい蛇がうねうねと練り歩く(?)。日本にはまだまだ知らない祭がたくさんあるのですね。
---以下メール引用---

今日は雨の中、新潟県岩船郡関川村で行われた
「大したもん蛇まつり(たいしたもんじゃまつり)」に行ってきました。
世界ギネスにも認定された竹と藁で作られた大蛇を担いでパレードするのですが、
詳しくは下記のホームページをご覧ください。
新潟県関川村ホームページ
↓空撮動画はこちら
新潟空撮 大したもん蛇まつり~新潟県関川村~

道幅いっぱいに波打ちながら練り歩く様子は、迫力満点でした。
パレードの最後はとぐろを巻いて、斧で退治されて終わるのですが、
残念ながらその様子は上からでないと分からず、写真に収めることはできませんでした。
でも、なかなか愛敬のある表情の蛇でしたよ。

[PR]
by usaco-lisa | 2015-08-30 21:42 | 新潟通信 | Comments(0)
新潟通信 vol.9
新潟より、ユーモラスな瓦の写真を送っていただきました。
猫の形のは、立派な塀を持っていれば乗せたくなりますね。
リサとガスパールを瓦で…なんてシブイかも?(笑)

---以下メール引用---
新潟通信の時間がやってまいりました〜
今回は、新潟県阿賀野市にある「やすだ瓦ロード」です。
日本三大瓦産地ではありませんが、瓦の産地として知られているそうです。
今回は瓦工場の見学もしちゃいました!
瓦は300kgの重さにも耐えられるそうですよ。雪国ならではの技術ですね。
そして失敗作の瓦たちは、砕かれて舗装道路として再利用されるそうです。
無駄がないですね〜

a0142732_21312223.jpg
a0142732_21313850.jpg
a0142732_2131598.jpg
a0142732_21334468.jpg

[PR]
by usaco-lisa | 2015-06-14 21:50 | 新潟通信 | Comments(0)
新潟通信 vol.8
a0142732_21155224.jpg
a0142732_2116932.jpg
新潟から「狐火伝説」の郷の様子を送っていただきました。
夜に行われる狐の嫁入り行列は幻想的だそうです。

---以下メール引用---
新潟県の福島県寄りにある阿賀町津川という場所に行ってきました。
津川では「狐火伝説」があり、この狐火を見ると良いことがあると言われています。
毎年GWの5月3日には108匹の狐を従えて狐の嫁入り行列が行われます。
一度生で見てみたいのですが、時期が時期だけになかなか行けません。
そこで今日はその様子を知ることができる「狐の嫁入り屋敷」に行ってきました。
写真は屋敷の中にあった狐の花嫁と屋敷周辺のオブジェです。
近くのお店には小学生が作ったと思われる張りぼてのようなものもズラリと並んでいました。
行列の様子がわかる写真が無くて残念ですが、屋敷の中で映像を見ることができて、結構面白かったですよ。

[PR]
by usaco-lisa | 2015-01-26 21:18 | 新潟通信 | Comments(0)
新潟通信 vol.7
a0142732_2154224.jpg
a0142732_21543455.jpg

今年も行ってきました「チンコロ市」
朝9時から販売開始なのですが、30分ほど早く到着して販売よりも15分ぐらい前には列に並びました。
すでに行列でしたけどね。
今年も何とも愛らしい「チンコロ」が沢山並んでいましたよ。
前回とは違うお店で今年は5つ買いました。

---以上メール引用---

早くから並ばれただけあって、昨年より細かい細工のものを手に入れられたようです。
買われたのは5つです。奥の白と黒はちょっと違うみたい。

[PR]
by usaco-lisa | 2015-01-10 21:57 | 新潟通信 | Comments(0)
新潟通信 vol.6
a0142732_15431994.jpg

寒くなりました。北の方は雪。かわいい雪のシーンを送っていただきました。
寒いのに雪かきは大変でしょうねぇ。

---以下メール引用---
昨日から降り出した雪で今朝大分積もりました。
車の上には20㎝ぐらい積もっていたので、まずは雪かきからスタートです。
やっと終わったとおもったら、今度はアラレ?
手でなぞるとパラパラと落ちていきます。
で、イタズラで車の上にリサガスを書いてみました。

[PR]
by usaco-lisa | 2014-12-06 15:48 | 新潟通信 | Comments(0)
新潟通信 vol.5
a0142732_21365580.jpg
a0142732_21504074.jpg
a0142732_2152037.jpg
↑ 画像クリックで少し大きくなります。

『雁迎灯(かんげいび)』というイベントの様子を送っていただきました。
オオヒシクイがこれを目印に飛んでくるのかもしれません。
(Sさま、いつもありがとうございます)

---以下メール引用---
ビュー福島潟という場所で開催された「自然文化祭」に参加し、
夜に点灯される「雁迎灯」を見てきました。
福島潟は日本一のオオヒシクイの飛来地で、10月頃になるとロシアから渡ってくるそうです。
そのオオヒシクイを約1万本のロウソクで模り、灯を灯してオオヒシクイを迎えようというものでした。
なかなか見ごたえのある巨大アートでした。地元の中学生が毎年違うデザインをしているそうです。
写真は、福島潟周辺の昼間の景色、雁迎灯を作っている様子、夜の雁迎灯、ビュー福島潟の建物です。
この建物自体もちょっと変わった形なんですよ。

ちなみにここの館長を歌手の加藤登紀子さんがされていて、
約9年間の館長を今回卒業されるということでミニライブが開催されていました。
ちょうど建物の左側の屋外でやっていたんです。
今年71歳とは思えない、しっかりした歌声でした。

[PR]
by usaco-lisa | 2014-09-25 22:03 | 新潟通信 | Comments(0)
新潟通信 vol.4
a0142732_11133632.jpg
新潟 長岡の花火大会の写真を送っていただきました。
地元の小規模な花火大会では、大きな花火が一度にたくさん上がることがないので、
羨ましいです。テレビではなく、生で見てみたいものですね。

---以下メール引用---
今日は日本三大花火の一つ、長岡花火を見に行ってきました。
長岡の花火は鎮魂の花火、空襲で亡くなられた方への慰霊の花火なんです。
そんな理由から、休日に開催を合わせるのではなく、日にちを固定して開催されます。
まず、長岡花火がどんな思いで打ち上げられるのかを知るべく、
「この空の花」という長岡を舞台にした映画をレンタルしてから見に行ってきました。
↓ここに紹介されています。
長岡まつり2014

本当はフェニックスという水害、中越地震、
豪雪からの復興を願う意味で始まった花火を送りたかったのですが、
なかなか上手くいきませんでした。
さすが見ごたえ満載の花火でした!

[PR]
by usaco-lisa | 2014-08-03 11:16 | 新潟通信 | Comments(0)